こんなはずじゃなかった!工場のバイトで辛かったこと!

人間関係が少ないって聞いたのに

工場で働こうと思う人の中には人間関係が少なくて良さそうだと、思って働く人もいると思います。
確かに工場では、人間関係が少ないですが、それは仕事中の話です。休憩時間になると、休憩所に集まることが多く、そこではほぼコミュニティが出来上がっています。当然新人にとってはなかなか入りづらく、自分から積極的に話せる人、同じタイミングで採用された人がいないと、一人寂しい休憩時間を送ることとなります。
本当に一人でも大丈夫という人にとっては、問題ないですが、コミュニティが出来上がっている中で、独りぼっちだと感じてしまい、孤独感に苛まれるのが嫌だという人は、面接時に同じタイミングで入る人がいるかを確認するか、同じく一人で過ごしている人などに話しかけてコミュニティを作ると良いでしょう。

単純作業で楽々だと思ったのに

働くなら楽がしたい、人間だれしも考えることですよね。工場なら、ルーチンワークで楽だろうと思って入ると、想像以上に辛いです。何が辛いって、本当に毎日ほとんど同じ作業しかしません。
人間慣れた作業を毎日やることは、刺激がなく、ただ時間が過ぎるのを待っているだけでとても苦痛です。仕事に興味を持つことができたら、黙々と作業をするので楽しいかもしれませんが、特に自身で作業の改善をするわけでもないので、本当に代り映えのない毎日です。
刺激がなくても、毎日同じ作業を黙々と行うことが耐えられる人にとっては、非常に良い職場環境でしょうが、そうでない人にとっては、仕事に慣れてしまうと段々と、苦痛を感じてしまうかもしれません。
苦痛を感じてしまう人は、効率的に作業ができるように考えながら仕事をすることでちょっとした楽しみを見つけると良いでしょう。

© Copyright Part-Time Hours. All Rights Reserved.