知らなかった!工場のバイトの魅力とは?

単純な作業が多いです

工場にもよるのでしょうが、基本的に新人が任される仕事はほとんどが単純な作業です。具体的にはベルトコンベアで流れてくる商品を箱詰めしたり、シールを貼ったりといったことです。最初はペースが早くてついていけないかもしれませんが、同じ動きなので慣れてくると何も考えずにできるようになります。それに商品を傷めてはいけないという理由から、工場内は一定の温度に保たれているのが一般的です。そのため夏は涼しくて冬は暖かいといったケースも珍しくありません。
長く勤めていればフォークリフトなどの資格を取らせてもらえることもあるのです。加えて休憩時間は黙々と仕事をすることになるため、人間関係が煩わしいと感じる人にとっても向いている仕事です。

それ以外の利点について

工場の中には寮を用意している場合もあって、家賃や光熱費はかなり安く抑えられる可能性が高いです。場合によっては食事もできるかもしれないため、手っ取り早くお金を貯めたいといった時には工場で働くのも良いでしょう。お菓子や飲み物などの食品関係はもちろんですが、洋服やカバンを製造している工場の場合、社員割引を使って安く購入できる制度を設けていることもあります。
また、屋内での作業になりますから、雨風にさらされる、日に焼けるといったことを避けられます。休日に関しては、工場によってシフト制や交代制になっているため一概には言えません。ただし、ベテランになればたいていは優先的に休みたい日や曜日が選べることが多いです。

© Copyright Part-Time Hours. All Rights Reserved.